姿勢と子供集中力 理由

子供の身体の姿勢と集中力の関係とは?

学習椅子

 

子供の姿勢の良さと、学習時の集中力は密接に関係しています。
これは「いつやるの?今でしょ!」の林先生も言っていることです。

 

では、なぜ姿勢が悪いと集中力まで落ちてしまうのでしょうか?

 

 

子供の姿勢が悪いと集中力が落ちる理由

理由1:血流が悪くなって脳に行き渡る酸素が少なくなる

姿勢を悪く身体を丸めて勉強などをしていると、肺周辺が圧迫される体勢になります。
そうなるとどうしても呼吸も浅くなってしまいます。

 

呼吸が浅くなると身体全体の血流が悪くなっていき
学習するときに必要な脳への酸素も薄くなってしまいます。
結果、集中力が落ちて落ち着きがなくなったりしてしまうということになってしまうのです。

 

 

理由2:姿勢が悪いと脳に重みがかかる

姿勢良く椅子に座らないと身体の重心が前かがみになって
脳に不必要な重みがかかってしまいます。
この状態が続くと、脳に負担がかかってしまい
勉強と続ければ続けるほど辛くなってしまいやる気も
なくなっていってしまいます。

 

 

まとめ

姿勢が悪いと集中力に影響が出てしまうのは
お分かり頂けたでしょうか。

 

また、姿勢が悪さを気をつけようと思っただけで直るには
よほど意思の強い人では無いと厳しいでしょう。
子供だけではなく大人でも、普通に人は
気をつけようと思っても結局元に戻ってしまいます。

 

当サイトでは、姿勢矯正を目的とした椅子をおすすめしていますが
椅子ではなくても姿勢を矯正できる環境そのものを変えないことには
姿勢が直っていくことは無いでしょう。

 

子供学習椅子子供の姿勢矯正椅子ランキングを見る。